源氏巻

genjimaki

元禄年間(1700)ごろ、津和野藩主亀井茲親と吉良上野介とのもめごとを収めた家老多胡下記が、吉良家に送った進物の中にあったものが源氏巻の原形になったとされています。
舌触りのまろやかなこし餡をカステラ風味の生地に包み、平らに焼いた巻き菓子です。

Copyright © 鴎外村 ふる里 All Rights Reserved.